イラストレイターチュートリアル

Illustratorでレスポールを描く その11

投稿日:

レスポールのヘッドを描く

ナットを描く

ネックを描いた際にネックのバインディングを1pxで描きました。

その上部に同じ色でさらに1px足していきましょう。

長方形ツールで縦1pxの長方形をネックの幅に合わせて配置します。

レスポールナットイラストレーター

ヘッドを描く

ペンツールを使ってヘッドをトレースしていきます。半分だけ行ってコピー、してオブジェクト>変形>リフレクトで反転させてパスファインダーの合体をすると左右対称になります。

まずは左半分だけトレースします。

レスポールヘッドトレース左

コピー、前面にペーストしてリフレクトして位置を合わせてパスファインダーの合体をする。

レスポールヘッドパスファインダー

ヘッドの枠線を作る

ヘッドも黒なのでわかりづらいですが、オブジェクト>パス>パスのオフセットで6pxのオフセットをつくります。塗りは#453f3cにします。

レスポールヘッドオフセット

ヘッドのハイライトとシャドウをつける

ボディと同じようにハイライトとシャドウをつけていきます。

ヘッドを選択してコピー、前面にペーストして塗りと線をチェンジ(shift + X)します。

線を4px線の位置を内側にしてオブジェクト>アピアランスの分割をします。

線なしの線で縦半分に引いてパスファインダーの分割をし、グループ化の解除をします。

レスポールヘッドハイライト

ボディのハイライトとシャドウをスポイトツールで拾って同じ色にしましょう。

レスポールヘッドハイライトシャドウ

これでヘッドの形はできました。

次回はペグを描いていきます。

-イラストレイターチュートリアル

Copyright© 小樽のウェブ製作 auto-graph<オートグラフ> , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.