イラストレイターチュートリアル

Illustratorでレスポールを描く その10

投稿日:

レスポールのフレットを描く

ネックの上にフレットを描いていきましょう。

高さ2pxの#ccccccの角丸長方形を配置します。

オブジェクト>パス>パスのオフセットで1pxのオフセットをしましょう。オフセットの色を#453f3cにします。

レスポールフレット

フィンガーボードの色をオフセットが見えやすいように#442b0aにしています。

真ん中のオブジェクトをコピー、前面にペーストをします。

線ツールで縦に2分割にします。

 

パスファインダーで分割してグループ化の解除をします。

上半分を#fffffffにしてオーバーレイの透明度50%にします。

下半分は削除します。グループ化して、レスポール画像を参考に配置していきましょう。

ポジションマークを描く

ポジションマークはギターによっていくつか種類があります。

丸のポジションマークが多いですが、レスポールは丸の他にも四角、ディッシュタイプのものがあります。

今回はディッシュタイプのポジションマークを描いていきます。

ペンツールでレスポール画像を参考にトレースしていきましょう。

上辺はカーブがあるので下辺から描いていったほうが描きやすいです。

左右対称になるように注意してダイレクト選択ツールで調整していきます。

ディッシュポジションマーク

 

アンカーポイントをクリックしてから、altキーを押しながら伸びているアームをアンカーポイントまでドラッグすれば片方だけアームを無くすことができます。

ディッシュポジションマークアームを閉じる

塗りは#ccccccにして配置しましょう。

ディッシュポジションマークイラストレーター

ハイフレットに行くにつれてフレットの間隔が狭くなってきます。変形ツールで縦方向だけ縮小して合わせていきましょう。

レスポールネックイラストレーター

-イラストレイターチュートリアル

Copyright© 小樽のウェブ製作 auto-graph<オートグラフ> , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.